こんな「かゆみ」は要注意! 乾燥肌と病気の関係

よく手が赤くなりかゆくなる女性は多いと思いますが、他にも背中やおなか、足などの一部が極端にかゆくなる人もいるでしょう。多くの場合は乾燥が原因ですが、かゆみの種類によっては医者にかかったほうがよい疾患もあります。

【特に注意したほうがよい「かゆみ」】

・一部ではなく全身がひどくかゆい
・見た目は全く普通(赤くなったりしていない)なのに眠れない程のかゆみが続く
・市販薬を使っても一向に改善せず、かゆみが1ヶ月以上続く
こうした症状がある場合には念のため、内臓疾患を疑って専門医にかかった方がよいでしょう。腎臓や肝臓などの病気からかゆみがくる場合もあります。また市販薬が効かないかゆみの中には、専門家でしかわからない皮膚病が起きている事も。その皮膚病が原因で体調不良に繋がる事もあるので要注意です。上記の症状の場合には大きな皮膚科や専門的なクリニック、大学病院などにかかることをオススメします。

【皮膚科医に相談する方がよい「かゆみ」】

・幼児期にアトピー性皮膚炎にかかっていた事がある人
・市販薬で一時的にかゆみはおさまるが繰り返す
・ただれたりかぶれたりしてジクジクしはじめた
・何か食べた後にかゆみが発生する
軽い症状でもアトピー性皮膚炎のように専用の薬で治癒する必要があるものもあります。じんましんなども原因をはっきりさせたほうがよいので皮膚科医にかかる方がよいでしょう。

その他のごく一般的で「よくある」かゆみはほとんどが乾燥が原因です。
乾燥が原因のかゆみに対しては、保湿ケアが大切になります。毎日のスキンケアでたっぷりと肌に潤いを与えるようにしましょう。また部屋の湿度を適度に保つことやバランスの良い食事を摂取することで体内の水分量を適切に保ち、乾燥を防ぐことができます。

老人性乾皮症も加齢による乾燥が原因(詳しくはhttp://老人性乾皮症.com/)。

ただ若い人でも老人性乾皮症と全く同じ原因状態になるため、若い内から体に乾燥によるかゆみを出していると、早くもお年寄りのような衰えた肌になってしまうので注意しましょう。

続きを読む

肌のかゆみは乾燥からくる!?かゆみに効く入浴方法

冬場や乾燥した室内に長くいた時に起きる「かゆみ」、背中やおなかがかゆくてかゆくてポリポリとかきむしってしまった経験のある人も少なくない事でしょう。
かゆみの原因は乾燥ですが、乾燥を防ぐ保湿ケアについてはいろいろとアドバイスも出ているようです。
そんな中でひとつ「入浴の方法」についてアドバイスしたいと思います。

実は入浴は「肌の乾燥」と関係しています。
入浴は皮膚の清潔を保つためにもリラックするためにもとても大切な時間なのですが、乾燥からかゆみを感じやすい人は入浴方法に特に気をつけると改善されやすいという報告があります。お風呂上がりに乾燥を感じない「入浴方法」がポイントです。

■かゆくならない「入浴方法」
・熱いお湯に入らない
熱すぎるお湯は皮膚に刺激を与えるだけでなく、どんどん水分を奪ってしまいます。
・入浴剤を使ってみよう
入浴剤もいろいろとあって医学的な根拠や成果があるものばかりではありません。とはいえ保湿効果の高い入浴剤も出ていますから、いくつか試してみるのをオススメします。昔から冬場にはゆず湯など柑橘類の皮をお風呂に入れたりしましたが、これも匂いやリラックス効果だけでなく、乾燥を防ぐ昔ながらの知恵のひとつ。「保湿効果あり」となっている入浴剤を選んで試してみるといいですね。
・ゴシゴシ洗わない
入浴時に肌に刺激を与えないのが基本です。皮膚をゴシゴシこすると刺激が強く、時に角質層にまで傷をつけてしまいます。「体を強く洗わないとキレイになった気がしない」という人もいるようですが、肌を清潔に保つのに必要なのは外側の汚れや汗を洗い流すことです。また石けんなどを使ったらしっかりすすぐことも大切です。

続きを読む

自分でできる「乾燥からくるかゆみ」対策

■まずは肌を清潔にしよう
洗い過ぎ、は肌の乾燥を助長するのでよくありません。しかしまずは肌をきちんと清潔に保つというのは基本のスキンケアです。
ゴシゴシ強い力で洗ったり、刺激の強いタオルなどは使わず、たっぷりの低刺激の石けんを泡立てて洗うようにしましょう。汗や汚れがついたままの肌はトラブルが起きやすく、結果的に乾燥肌にも繋がります。
■潤いを保つケア方法を実践しよう
皮膚の乾燥を防ぐためには簡単な保湿ケアを継続的に行うのが大切です。保湿剤は何が良いというよりも、肌質に合ったものを選んで頻繁に皮膚に塗る事がポイントです。こまめに保湿ケアをすることで乾燥を防ぎます。同時に肌の水分量を減らさないために、特に熱いお湯に長時間つかるとか乾燥した室内に長時間留まるといった事を避けると良いでしょう。
■紫外線も乾燥を引き起こす
乾燥といえば冬場だけの事と思いがちですが、実は紫外線の強い季節も要注意です。紫外線は皮膚の水分を奪って、時に軽い火傷のような状態になる事も。紫外線が強い時期や場所に行く時は日焼け止めを使ったり、日傘や帽子などで直射日光を浴びないように気をつけましょう。

乾燥からくるかゆみはちょっとした事で自分で防ぐ事が可能です。日頃からこまめな保湿ケアをしたり、紫外線を避けたりすることで悪化するのを予防できます。

続きを読む

肌のかゆみの原因はいろいろあるが「乾燥」がもっとも多い!

『肌のかゆみの種類』

・乾燥からくるかゆみ

専門的な言葉では「皮脂欠乏性湿疹」と呼ばれるものも乾燥からくるかゆみのひとつです。よく高齢者は体内の水分量が減るのでかゆみがひどくなる事が多いのですが、これはまさに皮脂欠乏性湿疹です。しかし、若い女性や成人男性でも室内の乾燥や冬場の冷たい空気、エアコンの利用などから肌が乾燥してかゆみがひどくなる事も多いので注意が必要です。

細胞間脂質を補うことで、皮脂欠乏症湿疹も楽になります。詳しくは・・・http://体のかゆみ対策.com/

・アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎が原因のかゆみは、基本的に皮膚科医の治療を受けましょう。なかなか治りにくく、体質改善などが必要になる事もあります。

・じんましなんなど

食べ物によるじんましんはよく耳にするでしょうが、他にも何か衣服などの刺激からくるじんましんもあります。たまたま体調が悪かったり一時的なものなら様子見で大丈夫な事もありますが、じんましんは何かしら外的な要因があるので皮膚科医にかかる事をお勧めします。

・食物アレルギー

摂取した食べ物に反応してかゆみを起こします。

・虫さされ

代表的な「蚊」の他にも、いろいろな虫さされがあります。ダニによるものもかゆみを発生する事がありますし、室内でも屋外と同じように虫にさされる可能性はあります。基本的には虫さされ用の市販薬をつければ問題ありませんが、化膿したりただれたりしたら皮膚科医にかかりましょう。また虫さされは予防策も大切ですから、明らかに虫がいると思われる場所に行く場合には虫除けなどの対策をとったほうがいいですね。

・かぶれ

かぶれは上記のような原因でかゆみが起きた場合に、それがひどくなる皮膚疾患のひとつです。また、それ以外にも何かの刺激を受けて(接触皮膚炎)となる場合もあります。

日常的な虫さされなどは別にして、かゆみがひどくなったり肌が盛り上がる・赤く腫れるなどの場合にはやはり病院へ行ったほうが安心ですね。
最も多い「乾燥からくるかゆみ」は、かゆくなる前にしっかりと保湿ケアをすることが何よりの予防策と言えるでしょう。

続きを読む

かゆみを防ぐ「肌の保湿ケア」方法ベスト5

1 肌質にあった保湿クリームを選ぶ
まず大切なのはどんな保湿剤を選ぶか、ですね。
なんでもいいというわけではなくて、肌質にマッチしたものを選ぶのが大切です。敏感肌の人には天然オイルなどもいいですし、季節によっても保湿剤を変えた方がいい場合もあります。いずれにしても、使用してみて改善が見られないものや逆に肌が赤くなるなどの変化があった場合には別のものにしましょう。
2 保湿ケアは「こまめに」行う
とにかく保湿ケアは頻繁に行うのがポイントです。高級なクリームを一度だけ使うよりも、安くても肌にあったものを選んで日に何度も乾燥を感じなくても使うぐらいでちょうどいいでしょう。
3 室内環境を整える
部屋が乾燥しすぎないように加湿器を使用しましょう。会社などでもデスクに置けるものなど利用して、なるべく乾燥しないように気をつけたいですね。
4 肌の代謝をよくして健康にする
肌はターンオーバーといって一定の期間で古い角質をはがして皮膚を活性化させています。本来、健康な肌は潤いを保ち、乾燥を防ぐ力を持っています。肌の代謝を良くするためには食生活や規則正しい生活習慣などが重要です。
5 肌に刺激を与えない
例えば枕カバーの布に顔をこする事で刺激を受けてかゆみが発生する事もあります。下着などもそうですが肌に直接あたるものによって皮膚の乾燥がひどくなる事もあるので要注意です。体の一部(おなかの周辺や背中など)が特にかゆみが酷いという時には肌に触れているものが原因で乾燥しやすくなっていないか、刺激に反応していないかをチェックしましょう。

続きを読む

我慢できない「かゆみ」は乾燥肌が原因です

特に冬にかけては、肌のかゆみに悩まされる人は多いでしょう。最近は冬に限らず、エアコンなどの影響から一年中かゆみに悩んでいる人も増えているそうです。

冬場のかゆみもエアコンつけっぱなしの室内でかゆみがひどくなるのも原因は乾燥です。
ではなぜ、肌が乾燥すると肌がかゆくなるのでしょうか?

・乾燥して皮膚の角質層にトラブルが起きて刺激に敏感になる
・肌の皮脂膜が奪われ、刺激を受けやすくなる
・肌の水分が失われるとバリア機能が低下する

なんでもそうですが、問題を解決するためには原因をしっかりと把握する事です。つまり、かゆみの原因である「乾燥」、そして次に「乾燥」の原因を突き止める事です。

・冬場の低い温度による乾燥
・乾いた空気による乾燥
・エアコンなどにより室内の湿度が低下
・体内の水分量が少なく乾燥しやすくなる
・ストレスなどで体調管理がうまくいかず乾燥を起こす
・刺激物の摂取で体が反応し、肌トラブルから乾燥になる

上記のような点をひとつずつ、解消していく事が大切です。
例えば室内の乾燥は、加湿器の使用などでかなり改善しますね。体内の水分量も意識して良質の水分を取ることでよくなります。
もし体調の具合が今ひとつならば、極端に香辛料の利いた料理や体質に合わないような食べ物は極力避けるようにしましょう。

かゆみの原因は乾燥からくる事がほとんどですが、中には内臓疾患や他の問題がないわけではありません。
乾燥を防いでもかゆみがおさまならかったり、体調も悪いような時にはすぐに病院に行くようにしましょう。

続きを読む