かゆみを防ぐ「肌の保湿ケア」方法ベスト5

1 肌質にあった保湿クリームを選ぶ
まず大切なのはどんな保湿剤を選ぶか、ですね。
なんでもいいというわけではなくて、肌質にマッチしたものを選ぶのが大切です。敏感肌の人には天然オイルなどもいいですし、季節によっても保湿剤を変えた方がいい場合もあります。いずれにしても、使用してみて改善が見られないものや逆に肌が赤くなるなどの変化があった場合には別のものにしましょう。
2 保湿ケアは「こまめに」行う
とにかく保湿ケアは頻繁に行うのがポイントです。高級なクリームを一度だけ使うよりも、安くても肌にあったものを選んで日に何度も乾燥を感じなくても使うぐらいでちょうどいいでしょう。
3 室内環境を整える
部屋が乾燥しすぎないように加湿器を使用しましょう。会社などでもデスクに置けるものなど利用して、なるべく乾燥しないように気をつけたいですね。
4 肌の代謝をよくして健康にする
肌はターンオーバーといって一定の期間で古い角質をはがして皮膚を活性化させています。本来、健康な肌は潤いを保ち、乾燥を防ぐ力を持っています。肌の代謝を良くするためには食生活や規則正しい生活習慣などが重要です。
5 肌に刺激を与えない
例えば枕カバーの布に顔をこする事で刺激を受けてかゆみが発生する事もあります。下着などもそうですが肌に直接あたるものによって皮膚の乾燥がひどくなる事もあるので要注意です。体の一部(おなかの周辺や背中など)が特にかゆみが酷いという時には肌に触れているものが原因で乾燥しやすくなっていないか、刺激に反応していないかをチェックしましょう。