自分でできる「乾燥からくるかゆみ」対策

■まずは肌を清潔にしよう
洗い過ぎ、は肌の乾燥を助長するのでよくありません。しかしまずは肌をきちんと清潔に保つというのは基本のスキンケアです。
ゴシゴシ強い力で洗ったり、刺激の強いタオルなどは使わず、たっぷりの低刺激の石けんを泡立てて洗うようにしましょう。汗や汚れがついたままの肌はトラブルが起きやすく、結果的に乾燥肌にも繋がります。
■潤いを保つケア方法を実践しよう
皮膚の乾燥を防ぐためには簡単な保湿ケアを継続的に行うのが大切です。保湿剤は何が良いというよりも、肌質に合ったものを選んで頻繁に皮膚に塗る事がポイントです。こまめに保湿ケアをすることで乾燥を防ぎます。同時に肌の水分量を減らさないために、特に熱いお湯に長時間つかるとか乾燥した室内に長時間留まるといった事を避けると良いでしょう。
■紫外線も乾燥を引き起こす
乾燥といえば冬場だけの事と思いがちですが、実は紫外線の強い季節も要注意です。紫外線は皮膚の水分を奪って、時に軽い火傷のような状態になる事も。紫外線が強い時期や場所に行く時は日焼け止めを使ったり、日傘や帽子などで直射日光を浴びないように気をつけましょう。

乾燥からくるかゆみはちょっとした事で自分で防ぐ事が可能です。日頃からこまめな保湿ケアをしたり、紫外線を避けたりすることで悪化するのを予防できます。