肌のかゆみの原因はいろいろあるが「乾燥」がもっとも多い!

『肌のかゆみの種類』

・乾燥からくるかゆみ

専門的な言葉では「皮脂欠乏性湿疹」と呼ばれるものも乾燥からくるかゆみのひとつです。よく高齢者は体内の水分量が減るのでかゆみがひどくなる事が多いのですが、これはまさに皮脂欠乏性湿疹です。しかし、若い女性や成人男性でも室内の乾燥や冬場の冷たい空気、エアコンの利用などから肌が乾燥してかゆみがひどくなる事も多いので注意が必要です。

細胞間脂質を補うことで、皮脂欠乏症湿疹も楽になります。詳しくは・・・http://体のかゆみ対策.com/

・アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎が原因のかゆみは、基本的に皮膚科医の治療を受けましょう。なかなか治りにくく、体質改善などが必要になる事もあります。

・じんましなんなど

食べ物によるじんましんはよく耳にするでしょうが、他にも何か衣服などの刺激からくるじんましんもあります。たまたま体調が悪かったり一時的なものなら様子見で大丈夫な事もありますが、じんましんは何かしら外的な要因があるので皮膚科医にかかる事をお勧めします。

・食物アレルギー

摂取した食べ物に反応してかゆみを起こします。

・虫さされ

代表的な「蚊」の他にも、いろいろな虫さされがあります。ダニによるものもかゆみを発生する事がありますし、室内でも屋外と同じように虫にさされる可能性はあります。基本的には虫さされ用の市販薬をつければ問題ありませんが、化膿したりただれたりしたら皮膚科医にかかりましょう。また虫さされは予防策も大切ですから、明らかに虫がいると思われる場所に行く場合には虫除けなどの対策をとったほうがいいですね。

・かぶれ

かぶれは上記のような原因でかゆみが起きた場合に、それがひどくなる皮膚疾患のひとつです。また、それ以外にも何かの刺激を受けて(接触皮膚炎)となる場合もあります。

日常的な虫さされなどは別にして、かゆみがひどくなったり肌が盛り上がる・赤く腫れるなどの場合にはやはり病院へ行ったほうが安心ですね。
最も多い「乾燥からくるかゆみ」は、かゆくなる前にしっかりと保湿ケアをすることが何よりの予防策と言えるでしょう。